このポーズもお産力を高めるポーズです。お産力にとても大切な股関節の柔軟性と骨盤底筋を鍛えます

女神のポーズから続けて行ってください。

テンプルポーズの効果

太ももの内側を引き締める
股関節を開く
体側を伸ばす

テンプルポーズの取り方

まずは女神のポーズと同じで

  1. 足を大きく開き
  2. つま先は外側に向け(膝とつま先が同じ方向を向くようにして)
  3. しっかりと腰を落とし
  4. 尾骨をすくい、骨盤底筋を引き上げ、お腹もしっかりとせ引き上げます。

お産力を高めるヨガポーズ
1.息を吸いながら、両手を床に平行になるように上げ、手のひらを上に向けます。

お寺のポーズ

2.息を吐きながら、右側の上腕を右の太ももに乗せ、左腕を回し上げながら上半身を右側へ倒します。肩甲骨は

3.息を吸いながらが元の位置に戻ります。

体側を伸ばすポーズ

4.反対側も同様に行います。

 

妊娠中で大切な三つのこと

「あげる」「ととのえる」「ささえる」の三つを毎日続けることが、とても大切です。

骨盤ケア3原則

あげる

骨盤高位で腰を高くして仰向けになることによって内臓を上げ、内臓下垂を防ぐことにより、骨盤底筋への圧迫を軽減し妊娠中に子宮頚管が短くなることを防ぎます。

ととのえる

マタニティーヨガや体操用ゴムチューブを使っての腰回しなど、できる範囲で体を動かし、骨盤を整えましょう。

ささえる

妊娠中はホルモンの影響で骨盤周囲の靭帯や筋肉が緩み、骨盤がゆがみやすくなります。トコちゃんベルトでしっかりと骨盤を支えることにより、骨盤のゆがみを防ぎます。

【関連記事】妊娠中や産後の尿漏れ防止&改善エクササイズ

【記事監修】全米ヨガアライアンス認定講師500RTY ゆみ