骨盤底筋とは

骨盤底筋は、その名のとおり骨盤底に位置する数層の筋肉で、尾骨から恥骨、左右の坐骨にトランポリンのように広がっており、正常な状態ではしっかりとした厚みがあり、正にトランポリンのように上下に動き、膀胱や子宮や腸を支えたり排泄のコントロールをしています。

骨盤底筋

骨盤底筋には、男性の場合には肛門と尿道の2つ、女性の場合には、肛門と尿道と膣の3つの穴が空いていて、正常な場合には、骨盤底筋がしっかりと働いてそれぞれの穴のしまりをコントロールしています。

骨盤底筋の役割

女性の場合、骨盤底筋肉は、妊娠中の胎児を支え分娩時にも大切な役割を果たします。

この筋肉が弱ると尿、便、おならをコントロールするのが難しくなります。また女性の場合は子宮脱や膀胱脱、尿漏れになったり妊娠中の場合子宮頚管が短くなり切迫早産になったりもします。

骨盤底筋が弱る原因

出産、肥満、慢性の便秘によるいきみ、慢性の咳による加圧、重いものを持ち上げる、加齢などが原因で骨盤底筋は弱ります。

出産と骨盤底筋

帝王切開であったとしても、妊娠中は胎児の重みによって、骨盤底筋は伸ばされた状態になります。さらに、普通分娩の場合は、大きな赤ちゃんの頭が通り抜けるために、大変な負荷がかかります。骨盤底筋周辺の神経も、同時に引き伸ばされます。

  • 出産時に骨盤底筋に負荷がかかる原因
  • 長時間いきむ。
  • 大きな赤ちゃん。
  • 会陰が避ける。
  • 鉗子による出産

トコちゃんベルトにできること

まずトコちゃんベルトを仮止めしてから、骨盤高位という姿勢で腰を高くした状態で休むことにより、骨盤底筋への圧迫をのぞきまます。その後、トコちゃんベルトを巻くことによって、内臓が上がったままの状態で骨盤がしっかりと支えられ骨盤底筋にかかる負荷を軽減します。それによって子宮頚管の長さも回復します。

 

トコちゃんベルト考案者渡部先生に聞く骨盤の歪みと尿漏れの関係

店長質問:骨盤の緩みと歪みが、骨盤底筋力の支持力を弱める理由を、さらに詳しく解説していただけるでしょうか? 私なりに調べたところ、骨盤底筋はハンモックのように、骨盤の前、後ろ、横に結合しているといるということですが、つまりは、骨盤が必要幅以上に開いてしまうために、底面積が増大し、ゴムが伸びたような状態で骨盤底筋の支持力が弱くなるということなのでしょうか?(素人分析ですが・・・)ご指南いただければ幸いです。

渡部:その通りです。骨盤の骨盤底部分の拡大ですね。横幅が広がるだけでなく、仙骨や尾骨が後ろに飛び出て、前後、つまり奥行きも拡大している人が多くみられます。

店長質問. ゴムが伸びた ような状態で骨盤底筋の支持力が弱くなるということなのでしょうか?

渡部:そうだと思います。筋肉は常に引っ張られ緊張していると、強く収縮することができなくなるはずです。筋緊張性ジストロフィーという病気があり、この病気の人の筋肉は常に緊張しているために、筋肉が萎縮してしまうという病気です。骨盤底筋群も、常に引っ張られ、緊張していると、収縮しにくくなり、萎縮し弱ってしまうように思います。骨盤底が拡大すると、3つの穴(尿道口・膣口・肛門)は、しっかり締まりにくくなります。

また、骨盤底が拡大するということは、当然、骨盤の下半分の容積も大きくなります。その部分は真空になるはずはありません。当然上から腸や胃などが下垂してきて充填されます。するともともと骨盤内臓器の子宮・膀胱・直腸などは、いっそう下垂し、脱出したり、骨盤底と腸に圧縮されて、機能が低下し、排尿障害も起きるのだと思います。