骨盤底筋の緩みにより起こる尿漏れ

出産後の女性の約半分は尿漏れに悩んでいると言われています。その原因は骨盤底筋へのダメージによるものです。骨盤底筋は骨盤の底にあるハンモックのような筋肉で、膀胱、子宮、直腸を支えています。そこに大きくなってくると胎児の重さが加わって、骨盤底筋は引き伸ばされ緩みます。さらに分娩時、骨盤底筋は引き伸ばされダメージを受けてしまうこともあります。そうなると、尿漏れなどの排尿障害、子宮脱、膀胱脱などになります。

女性に最も多いのが、腹圧性の尿失禁です。腹圧がかかる時、つまり咳やくしゃみをしたり、笑ったり、走ったり、飛び跳ねたりした最に尿が漏れてしまう症状です。

尿漏れ改善、自分でできること

骨盤の緩みは、ホルモンの影響が無くなる分娩後約2ヶ月くらいまで続いています。この骨盤の緩んでいる間に、 体型を早く戻そうときついガードルやコルセットでお腹を締めれば、その圧力は緩んでいる骨盤や骨盤底筋群にかかり、緩みが回復しかけている骨盤を、分娩の時のように押し広げ、直腸や子宮、膀胱を押し下げてしまいます。繰り返されると、骨盤の緩みはいつまでも回復せず、骨盤底筋群も弛緩してしまいます。これが、尿漏れ・痔・子宮下垂の主な原因の一つです。産後すぐからお腹を締めてないけません。

骨盤底筋エクササイズのやりかた

妊娠がわかった時点から始めましょう。

骨盤底筋エクササイズをする際の姿勢と注意点:

エクササイズの際には、足の筋肉や腹筋など余計な筋肉は使わない。息を止めない。たくさんやればやるほどいいというものではありません。(やり過ぎて、筋肉を疲労させ余計に尿漏れを悪化させる場合もあります。)筋肉が疲労する前にやめましょう。骨盤底筋の緩み

以下の二種類のエクササイズを組み合わせて行いましょう。産後も、できるだけ早くこのエクササイズを始めましょう。

短い間隔での締め

仰向けまたは座った姿勢、どちらでも構いません。膝を軽く開いて、1~2秒おならを我慢する時のように肛門のあたりを締めるように引き上げ、その状態を保ったまま次に1~2秒で膣のあたりを同じように引き上げます。最後に1~2秒でおしっこを我慢する時のように尿道のあたりを引き上げます。1~2秒休みます。この一連の動作を繰り返します。

すでに尿漏れがある場合には、咳や笑う前に意識して、これらの筋肉を引き上げるといいでしょう。

長い間隔での締め

仰向けまたは座った姿勢、どちらでも構いません。膝を軽く開いて、膝を軽く開いて、肛門から膣、尿道まで締めて行くのは上記と同じですが、最後はすぐに緩めてしまわずに、その状態のままビー玉が膣を1階から3階に上がっていくような意識をしながら4秒ホールドします(1階、2階、3階、ホールド)。普通に呼吸をして息を止めないようにしましょう。そして今度は3階から1階にビー玉が降りて行くような感覚をもちながらゆっくりと緩めて行きます。(3階、2階、1階、ゆるめる。)この一連の動作を繰り返します。

一日に最低3回は、このエクササイズをしましょう。毎日テレビを見ながら、いすに座った際に、信号待ちの際に、授乳しながらエクササイズをする習慣をつけましょう。

骨盤底筋エクササイズ

すでに尿漏れがある場合、2週間目位から少しずつ改善を見る人も多いですが、人によって3~6週間かかるでしょう。 統計によると、この体操で70%の女性に改善が見られたそうです。

トコちゃんベルトにできること

妊娠中は大きくなってくる赤ちゃんの重さで骨盤底筋には大きな負担がかかります。ハンモックに乗ると真ん中が大きく沈み込み、ハンモックが伸びるのと同じで、尾骨から恥骨、左右の坐骨でぶらさがっているハンモック状態の骨盤底筋は赤ちゃんの重さで引き伸ばされます。この負担をできるだけ軽減するために、お尻を高くして仰向けになる骨盤高位で、内臓、子宮を上げてからトコちゃんベルトを巻きます。

産後も、同様に骨盤高位でトコちゃんベルトで骨盤を支えることにより、内臓下垂を防ぎ、骨盤底筋の負担を軽減させ、回復を助けます。

【関連記事】