女神のポーズの効果

女神ポーズは妊婦さんにお薦めのポーズです。

  • 出産時に必要とする太ももや脚の筋肉を強化
  • 妊娠中、出産を通してゆるみがちな骨盤底筋の筋肉を強化
  • 分娩に向けて股関節を柔軟にします。

女神のポーズの解説

上のビデオを元に、わかりやすく解説します。女神のヨガポーズ

1.脚を大きく開き、足先は外側に向けます。

女神のポーズ

2.息を吐きながら、膝を深く曲げ腰を落とします。できる人は両膝が両足首の真上に来るまで曲げます。

注意点:’.

  • 足先と膝が同じ方向に向くようにします。(膝を守ります。)
  • 膝が足首より先に出ないようにします。

3、尾骨を体の前に向かってすくうようにして、腹筋は引き上げます。(へっぴり腰になって体が前傾しないようにします。腰はそり過ぎず自然なカーブを保ちます。)

godes3

4.息を吸いながら、両手を大きく左右に開き床と平行にします。

女神のポーズ2

女神のポーズ3

5.上腕を天井に向け、手の平は内側を向きます。または両腕を高く上げ指先を見ます。(肩は耳から離し肩甲骨は下げます。首をすくめないようにしましょう。)

この女神のポーズから、バリエーションTempleポーズに進みます。

トコちゃんベルト2妊娠中の骨盤底筋

骨盤底筋群は骨盤の底のハンモックのような筋肉で、普段から子宮、膀胱、腸を支えていますが、妊娠によって、胎児が重たくなってくると、その重さで、骨盤底筋群は引き伸ばされて、筋力が弱まります。それによって、尿漏れ、子宮頚管の縮小、子宮脱などが’起こります。女性の場合、出産経験のある人は、半分以上は尿漏れに悩むことになります。普段から骨盤底筋を意識して、毎日、習慣的に鍛えていくことが大切です。

妊娠中は、ヨガなどの体操に加えて(骨盤を整え)、骨盤高位という姿勢で(骨盤を上げて)、トコちゃんベルトで(骨盤を支える)「ととのえる」「あげる」「ささえる」の三つが大切です。

トコちゃんベルトを着用するだけで安産できるわけではありません。しっかりと体を動かして安産力を高めていきましょう。

【記事監修】全米ヨガアライアンス認定講師500RTY ゆみ