私が毎日、最低一度はやるポーズです。たくさん歩いた後なども、この姿勢で休むと疲れが回復していきますし、腰がつらい時などにこのポーズで数分休むと腰がとっても楽になります。

ヨガのポーズをサポートするためのヨガ・ブロックというものが通販でも700円くらいからあります。一つ持っていると様々に利用できるので、おすすめです。ブロックを当てる位置は腰ではなくお尻です。特に仙骨の当3たりに当てると気持ちよいと感じる人が多いです。

blocks

トコちゃんベルトを着用する際の骨盤高位の姿勢をとるにもフォーム製(木製ではなく)のヨガブロックは、適度にソフトでちょうど良いです。動画では高い位置でブロックを使っていますが、まずはブロックを寝かせて一番低い位置で使うのが無理がないです。

 

このポーズの効果:

  • 仙骨のでっぱりを直す
  • 下垂した内臓を上げる
  • 内臓が上がることにより子宮頚管への圧迫が取れ、その後トコちゃんベルトを巻く事で切迫早産の場合、子宮頚管の長さの回復を促す

このポーズの解説;

  1. 上向きにに寝ます。ひざを曲げ足を床につきます。足は腰幅で平行。
    橋のポーズ
  2. お尻を持ち上げて、ブロックをお尻の下に敷きます。(ブロックは横向き)ブロックを腰の下に決して敷かないこと。正確には仙骨部分に当てます。
  3. ブロックの高さはお好みですが、最初は一番低い位置から始めましょう。手のひらは天井に向け胸を開きましょう。

一番高い位置までやる必要はありません。自分が気持ちよいと感じる高さで、気持ちよさを感じ、決して無理をしないようにしましょう。

反り腰の人は仙骨も飛び出しています。すると骨盤を前後左右につなぐ靭帯の張りがアンバランスになり過緊張の状態となり神経の圧迫が生じ腰痛へとつながります。

 

仙骨

【監修】全米ヨガアライアンス認定講師500RTY ゆみ