【質問】

妊娠はしてなくて、骨盤が歪んでいるため、トコちゃんベルトを買いましたが、学校などで、座ったり、仕事が動くことが多くいつも、ずれて上に上がってきてしまいます。寝てる時も外れてしまいます。固定はどうすればいいのでしょうか?

 

トコちゃんベルトがズレる場合の対処方法

トコちゃんベルトがずれる場合は締める位置を一度、下記を参考に調節されてみてください。

<装着位置>
トコちゃんベルト着用方法後ろはブランコに乗る様な感じでお尻をすくいあげて(座ったときにベルトをお尻で踏んでかまいません)斜め少し前上がりに引っ張り、前はアンダーヘアの恥骨部分で締めます。(座っても太ももの境目でベルトが折れ曲がらないようにして下さい)

上記のように横から見た時に、斜め前上がりになるようにつけて頂くことで、ズレ上がりなどが軽減されます。また、骨盤下部が広がり、内臓などが下垂している可能性もあります。そういった場合、骨盤高位の姿勢をとり正常な位置に戻すことで、骨盤も逆三角形なりますので、ベルトのズレも軽減されやすくなります。

骨盤高位の姿勢」
・・・仰向けに寝転び、立て膝をします。お尻の位置を床から15~20cmぐらい高さ保てるように(*お尻をのせて敷物が沈み込んだ状態でも15~20cmを保つようにして下さい)さぶとんや分厚い本などを敷いて頂き、そのまま5分間安静にして下さい。最後に左右に数回、ゆっくりと膝を揺らします。

どうしてもズレが気になるようでしたら、ズレ防止パーツを組み合わせて下さい。

寝るときのトコちゃんベルトの使用

また、トコちゃんベルトの就寝時の着用は重傷な方のみにお薦めしております。その場合は、必ずズレ防止パーツを併用した上で、巻いて頂いております。もしくは、アンダーベルトだけを巻いて寝てください。アンダーベルトは、トコちゃんベルトよりも、伸縮性があり、ずれにくいです。基本は寝返りがうてなかったり、起き上がるのが大変な程ではなければ、日中だけ巻いて頂いて、就寝時ははずして頂く方がよいです。

トコちゃんべルトでのケアは骨盤の緩みには効果的ですが、形を整えていくのはゴムチューブ体操になりますので、体操用ゴムチューブを使った腰まわし運動を、毎朝夕に各5分間くらい取り組まれることを併用されることがお勧めです。腹巻→トコちゃんベルト→下着の順番で着用し、トイレのたびにベルトを外さないことなどがよりよいケアに繋がります。

トコちゃんベルトは左右逆にすることにより、力のかかり方が変わってきます。日によって、どちらが気持ちがいい方というのがありますので、是非巻き比べをされて、気持ちのいい方で巻いてみて下さい。(*絶対に前後を逆には締めないで下さい)