トコちゃんベルト考案者の渡部信子先生に骨盤ケア徹底質問

赤ちゃんの向き癖矯正topics

new item絶壁頭やいびつな頭になる原因

商品イメージ

≪出産前≫

双子以上の場合、子宮の中のスペースが少ないために頭の一部にのみ、プレッシャーがかかり扁平な頭で生まれることがあります。

≪出産時≫

産道を抜ける際に、いびつになってしまうことがありますが、この場合には、普通生後6ヶ月までに自然に治ります。

ただしお母さんの骨盤が歪んでいたため分娩時に回旋異常が起こり無理に押し出されたり、吸引、鉗子(かんし)分娩で生まれた場合、頚椎(首の骨)がずれていることが多く首が片側にしか向けられないため向き癖が起こることがあります。

≪産後≫

赤ちゃんの背中は、写真のようにお腹の中でC型をしていたため、首も座っていないうちは仰向けに寝られません。


仰向けに寝せることは赤ちゃんにとっては、不安定な姿勢なので、向き癖が起こりやすくなるのです。また、ぐずる原因にもなります。



未熟児の場合、特に頭が柔らかいのでいびつになりやすいです。 新生児の頭は、非常に柔らかく、急激な脳の成長に合わせて頭の大きさと形も変わります。この間、一定の姿勢のみで寝せていると、頭の一部にのみプレッシャーがかかるため、いびつになってしまいます。このような状態は、主に生後6〜8ヶ月の間に起こります。 一般的に、後頭部が平らになってしまうことが多いのですが、赤ちゃんの向き癖によっては左右どちらかが平らになってしまうこともあります。

形のきれいに整った頭にするためには、赤ちゃんの頭が一方向のみに偏らないようにしてあげなければなりません。

最近、赤ちゃんをカーシートやベビーラック、ベビーチェアなどに長時間入れておくママが多くなってきましたが、ベビーベッドに仰向けに寝かせた上に、さらにこのような状態に赤ちゃんを置いておくと、やはり、赤ちゃんの頭の一部のみに長時間プレッシャーがかかるため、赤ちゃんの後頭部は平らになってしまいます。後頭部が平らになると、成長する脳の容積に見合う空間を作るために、赤ちゃんの頭は他方向に広がってしまうことになります。(扁平頭の子が最近増えており、5人に1人とも言われています。)

news向き癖が母乳育児の障害になっています

上手におっぱいを飲むためには大きく口を開けてしっかり乳首をくわえ、舌を乳首に巻きつけることが必要です。
ところが、く向き癖があると口も大きく開けられず舌も出しにくいため、乳首の先をくわえることになり、乳首の先をくわえることになりお乳がうまくのめなかったり、乳首の先が切れたりします
また向き癖があると赤ちゃんの体が反り返ってうまく乳首をくわえられないこともあります。

new item頭のゆがみは改善します! 

赤ちゃんの時に歪んだ頭を心配する方は多いのですが、お医者さんに相談しても「大きくなれば目立たなくなるので心配ない」といわれるのが普通です。でも、髪の毛が長くなって目立たなくなっている人でも、しっかり歪んだ頭の人がたくさんあります。下の写真の人は30代の男性ですが、頭の歪みはしっかり残ったままですね。大人になっても腰痛や肩こり、頭痛がなかなか良くならない人の多くにこのような頭の歪みがあります。 (この男性の場合、耳も対象でないためにめがねもかけずらいはずです。)


背中にタオルを丸めて当てても、どうしても反対側に顔を向けない場合は、向き癖防止クッションを背中〜頭まで当てましょう。トコちゃんベルト考案者、カリスマ助産師として全国で指導している渡部先生が赤ちゃんの頭のゆがみを解消するために考案しました。


赤ちゃんの成長に合わせてS、M、Lの3サイズがあります。シリコン樹脂製滑り止め機能付き。さらに赤ちゃんのお尻に踏ませる「しっぽ」が付いているので、ずれにくくなっています。寝返りを打つようになる前にケアを始めると治りも早いです。